<千里浜なぎさドライブウェイ>日本で唯一の車で走れる砂浜へ行ってきました!

お出かけ情報

千里浜なぎさドライブウェイ

車で走れる砂浜、という事でドライブ好きには堪らない珍しい観光地になっています。
夏場の季節はばっちり海水浴場となり、海の家も開設されているんです♪

<場所>
のと里山海道に並行して見えてきます。
住所としては”羽咋市(はくいし)”に当たりますね。
車で行くしか手段はないかと思いますが、千里浜ICや今浜ICから乗り入れる事ができますよ(*´艸`*)

定番の焼きそば系から貝の焼き物。
もちろんキンキンに冷えたビールも人気です。

今日は子ども達を連れて、お友達家族と一緒に海水浴へ行ってきました。
海水浴に来ている家族連れやカップルなど、砂浜に車がずらりと並びます。
特に海の家付近は、水道やトイレが用意されているので人気の場所となっていました。

ちなみに海の家から少し離れると、人も少なく”キス釣り”や”サーフィン”など大人の遊びを楽しむ方も多く見られましたよ。

スポンサーリンク

今回、私はもう妊娠8か月に入りますので、海には入りません。
そこでありがたいのは”浜辺近くまで車で乗り入れる事が出来る”という事ですよね。
カンカン照りに太陽が輝いていようと、風の通る浜辺は意外にも涼しくて、車のエンジンかけっぱなし!なんて事はありません。

後ろのドアを開け放して、そこでくつろぎながら、子ども達の海水浴を眺めます。
砂浜付近には小魚が泳いで、貝がたくさん落ちていて、ワカメがゆらゆら。

運が良ければヒトデが見れるので、バケツやスコップがあっても良いですね。

かなり遠浅の海なので、浅瀬が続きますね。
もちろん目を離す事はありませんし、すぐに駆け付ける事ができる大人は必要です。
特に子ども達は、浅瀬なのでどんどん奥へ向かってしまいます。
でもやはり海ですから、奥の方は急に大人の腰くらいの深さになっているので、注意しましょう!

浮き輪をつけていても要注意!
気がつかないうちに、横へ横へと動いてしまうので、ふと気が付くと子ども達が遠い!何てことにもなり兼ねません。

スポンサーリンク

今回はパパ軍が海の中への駆け付け役を引き受けてくれました。
この時忘れてはいけないのは帽子と日焼け止め

海の中に入るので忘れがちになるのですが、遠浅すぎて立っていると上半身が出ます。
帽子や日焼止めを忘れると、日焼けはもちろんですが、熱がこもって発散しきれないんですよね。

この状態が続くと、子ども達はずっと熱を蓄えたままになるので、夜あたりに発熱します!
発熱する事で、熱を発散出来ればまだマシで、こもりっぱなしになる方が危険なので、注意しましょう。

ポップアップテントやイス、簡易パラソルなんかがあると、日陰が増えて大人も過ごしやすいと思います。
食べ物や飲み物を出して置ける簡易のテーブルも用意しておくと便利ですよ。
キャンプ用のテーブルやイスは水に強く、手入れがしやすいのでおすすめですね。

子どもだけでなく、大人も要注意!
暑さはこもりにくいかも知れませんが、熱中症になる可能性もありますので、水分と塩分の補給をお忘れなく。

本日はお昼ご飯用に”おそうめん”と”おにぎり”を用意しました。
おにぎりにふりかけや味付け海苔、塩を持参していきます。
炎天下の中にですので、保冷バックに入れておくと安心ですよ。

デザートはスイカ!!
水分・糖分ともに補給できる夏の風物詩とも言えるでしょう。
皮がついていると意外に面倒でかさばるので実の部分だけ切り取って、食べれるように準備しておくと楽ですね。

今日は夏を満喫した子ども達。
お昼を挟んで3時間程、泳ぎましたがまだまだ泳ぎ足りないようです(笑)

次回は大人と一緒にがっつり入って、もっと沖まで行きたい!と要望まで出ていました。
その時は、またパパ軍にお任せしないといけないんですけどね♡

自然豊かな石川県羽咋市。
子ども達にとって、思い出深い夏を過ごせるのではないでしょうか。
とにかく楽しんだ子ども達。

帰りの車で寝るかと思いましたが、テンション上がりすぎて元気過ぎ!
夜の9時前に私に怒られながら布団に入りました、とさ(笑)

母は眠いですよ~!
ちなみにパパは夕飯前にひと眠りしてました…ずるい(´;ω;`)!!笑

スポンサーリンク

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。